Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c2506701/public_html/screwfeeder.jp/wp-includes/post-template.php on line 284

設備設計者のためのスクリューフィーダー総合技術サイト

設備設計者のためのスクリューフィーダー総合技術サイト

新着情報

溶接前のステンレス製品の加工方法をご紹介

2021.10.22

イシバシでは、ステンレス製スクリューフィーダーをはじめとするさまざまなステンレス製品や金属製品の製造を、完全オーダーメイドにて承っております。今回は、ホッパーとステンレスを溶接する前の加工方法についてご紹介します。

業者から到着直後のホッパー

こちら「白く塗装されたホッパー?」と思いきや、実は納品されたばかりのホッパーです。工場へ到着時には白いビニールシールが貼られています。製品に傷がつかないよう保護するためにこうした養生が必要になるのです。納品後はこのビニールシートをはがし、溶接のために必要な加工をしていきます。

溶接・組立の前の加工

その後すぐに溶接するのではなく、納品されたステンレスを加工していきます。こちらはステンレスに穴を開けるボール盤と、切断するバンドソーです。どちらもミリ単位の作業で繊細さが求められると同時に、ケガをしないよう慎重かつ丁寧に進めていきます。

イシバシのステンレス製品はこのような過程を経て溶接、組立といった流れで製作されています。

ステンレスホッパーやスクリューフィーダーの製作はイシバシにお任せください

株式会社イシバシは、千葉県習志野市を拠点に、全国へスクリューフィーダーやステンレスホッパーなどのステンレス製品をお届けしています。ご注文から納品まで一貫して弊社の技術者が担当しますので、高品質のものを納期遵守にてご提供することができます。「こんなものもできる?」といったご相談も随時受け付けておりますので、詳しくはこちらのページよりお問い合わせください。

ご注文・お問い合わせはこちら

お見積りの依頼、技術的なお問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

0474533500